サラーサライラ・ワ・ライラ

千夜一夜物語復刻ライト版

日記:今日はもうだめ明日もダメそう

今日の調子:不可
睡眠が足りてないからカフェイン取らずにシュッと会社行ってシュッと帰って寝ようとおもったんですよ。

なんかよくわからない突発不具合労によって完全に帰るタイミングを逸したので完全に破滅しました。
クソほど眠いのでとにかくもう早く寝る、明日は起きないかもしれない(流石に起きるか)
マジもう眠くて終わってしまった。

日記:DB労が牛歩戦術

今日の調子:良
はい。

今日も今日とてDB労……
なんでこんなにわからないんだ、頭が悪いのでゎ……となりながらscalikejdbcする。
joda-timeの依存がとあるバージョンから消えており、optional moduleに分離されたっぽかった。
そして死……
反省としては公式ドキュメントを読めということです。
scalikejdbc.org
ここのUsing joda-time Libraryに書いてあった。

1. 公式ドキュメントを読め
2. 公式ドキュメントを読め
3. 公式ドキュメントを読め

これが終わった後また変なつまり方をしておりもうダメです、3年くらい引きこもりたい。
まあなんとかやっていきましょう。なんとか……

日記:Docker越しにfisher止まる

今日の調子:良
まあまあ……

なんかDB労をしてたらレビュー労がやってきてにっちもさっちもいかなくなってしまった。
エクストリームDrone労が尾を引いている。scalikejdbcだけでいけるかなって思ったけどskinnyもいれたほうが良い空気を感じる。

環境構築スクリプトは結構進んできたなと思っていたらDockerfileでインストール済イメージ作ろうとしたらDockerfile越しにfish -c "fisher"したらなんかしらんけどfishfileが空にされて動かないとかいうのをやっている。
ここまで書いて同じことを人々がやっていないわけないことに気づいて検索したら古いfisherを参照していたことがわかったりして完全に破滅した。このようなissueがあり、fisherのv3以降は解決している問題らしい。
github.com

ちゃんと公式の手順をとらないと死ぬということがわかります。

curl -Lo ~/.config/fish/functions/fisher.fish --create-dirs git.io/fisherman は古い。
curl https://git.io/fisher --create-dirs -sLo ~/.config/fish/functions/fisher.fish が正解。

反省しか無い……

日記:意味がわからん何もわからん

今日の調子:良

体調自体は良いのだが、いかんせんわからんことがもりもり出てきた……
が、ひとまず解決を見た。

qiita.com

まあこういうような話なんだが、なんかそのものズバリの日本語資料は無かったのでざっと書くだけ書いておくか……という感じ。
eval(anyenv init - | source)とかeval(anyenv init - fish)とか書いて死にまくっていた。
あとこの記事みたいにanyenvで*envをinstallしといてpathをそのあと手動で入れてる人は何のためにanyenv使ってるの……?ってなった(他にもいくつかあった)。
swan-once.com

rbenvは素で使おうとしたらruby-buildの依存関係が全然無くて無事死亡したりしたし、環境構築は地味で長い工程なのだなあ……

そう、昼はカルーアバニラアイスを食べて優勝しました。各位もカルーアバニラアイスを食べて優勝しろ。
更に反応があり、これらのものでも優勝できることが容易に予想できるので軽率に優勝しましょう。


日記:たいへん寝たし、たいへん寝ます

今日の調子:?
調子というかなんというか……

めちゃくちゃ寝る日と決めていたので午後4時に起きたし、カフェインもとってないしもう寝ますのでよろしくおねがいします。
滅茶苦茶寝るからな。

日記:やっていくのはたいへんむずい

今日の調子:良
かなり良かった。

環境構築スクリプトを未だに書いている……
せっかくUbuntuGUIに対して適用するんだしSikuliXもついでに動かしたりしよ、と思い色々入れようとしたりしていた。
opencvとかはmakeしていかねばならず、結構時間がかかるっぽかったので喫茶店でコーヒー飲んだりケーキ食べたりした。
たいへん良い。

その後はSikuliXで何故かスクリーンショットが取れなくてデスクトップをLXDEに変更したりとかという試行錯誤をしたりしていた。
色々とわかりを得ている……

カフェイン錠剤、異常に効いてる気がする……睡眠をちゃんと取ろうという気持ちになったので明日は無限に寝ます。

日記:色々あってできなかったり

今日の調子:良
まあけっこう体調は良かったよ。

今日はdrone労ということでインターネットドローンバトルでした。
まずpendingでゾンビと化してるタスクがいるのがおかしいしそれを削除する手段が正式には無いのもおかしい。
いやdroneのバージョンを上げられてないのがだめなだけかもしれないが……

discourse.drone.io
これ見たら中の人が
> sql is your friend
とか言って直接DB操作しようずみたいなことを言い出してたのでDB叩いて解決した。
アッコラー!?テメッコラー!?になりました。

話は変わって環境構築スクリプトですが、powerlineのfontをdockerで開いたttyに適用できなくないですか?ということになり、こういう感じの矢印っぽい表示ができずに

f:id:thalathalaylah:20190112023239p:plain
こういう
こうなる
f:id:thalathalaylah:20190112023354p:plain
こうなる
というクソダサ案件にぶち当たってしまった。

色々調べたけどなんかどうしようもなさそうなので、せっかくだからUbuntuGUIつきで仮想環境に立てて環境構築をしようという感じになり、これはいけそうということになった

f:id:thalathalaylah:20190112023554p:plain
いけそう

色々調べたというのは、tty上のfontをなんとか変更できないかとかecho $TERMしたらxtermだっていうのでxtermのfont設定でいけるんとちゃうかとかそういうやつです。
基本的にfontの適用はiTermやらgnome-terminalやらに対して行っているが、echo \ue0b0(矢印っぽい形状)の結果がUbuntu上で?に化けてしまっているのでUbuntu上でfontを適用できないとだめ、でもdocker exec -itした場合のUbuntugnome-terminalとかで動いてるわけではないのでどう設定したものか不明……

クソダサなくらいは良いのではという話もあるが、これはまあ趣味のことなのでやりたいようにやっていこ……